KLEINTOOLS市場調査@韓国

こんにちは!

大阪本社・営業の松本です!

前回、美貴本が代理店として、輸入・販売をしているKLEINTOOLSについて、紹介いたしました!

その関係で先日、韓国へ打ち合わせと韓国の工具市場の市場調査に行かせていただきました!

実はアジアで一番KLEINTOOLSが売れているのは、韓国です!

アジアで一番KLEINTOOLSが売れているのは、韓国なんです。

売上額は日本の約3倍!

その理由としては、日本ではフジ矢やビクターなどの強い競合他社が多くいる中、韓国では自国のメーカーがあまり競合として存在しないということが大きな要因です。

アニャンの工具市場へ

今回、大きな工具市場を2か所連れていってもらいました!

引率をしてくれたのは、KLEINTOOLSのアジア担当のチョイさんです!

写真右人物がチョイさんです。

まず、驚いたのが、韓国の工具店は日本のように各地に点在しているのではなく、1か所に市場として固まっているスタイルが一般的なようで、その規模がとても大きいのです。

KLEINTOOLSの韓国事務所のあるアニャンという少しソウルからはずれた地方都市の工具市場でも、大きな範囲がすべて工具市場になっています。

その大きさは何と東京ドーム約4個分!

日本の大きな鮮魚の卸売市場のような建物がすべて工具店という考えられない規模で、地方都市でも、この規模なのかと衝撃を受けました。

チュンムロ工具市場へ

アニャンの次に連れて行ってもらったのは、ソウルの中心部にあるチュンムロ工具市場という、おそらくソウル周辺では一番大きな工具市場です。

チュンムロはソウルの中心部近くにありながら、1km以上の距離で大通り沿いに、写真のような市場が広がっています。

チョンムロの様子

表通りだけでなく、路地やビルの中にも店舗や事務所が広がっており、とても1日で、すべてを見るのは無理なほどの規模でした。

市場内を歩き回って、いろいろな工具屋を見て回っていて、驚いたのは、ほとんどのお店の店頭にKLEINTOOLSの商品が少なくとも1つは置いていることでした。

店頭のKLEINTOOLS

日本では、ほんの一部のプロ工具ショップでしか見かけないのに対し、韓国では、まず置いていないところがないというのが衝撃的でした。

そんな韓国でも、KLEINTOOLSを「黄色いペンチ」としか認識しておらず、「KLEINTOOLS」という名前までは、あまり認知されていないとのことでした。

また、KLEINTOOLSの製品が、ほとんどのお店に置かれていますが、ラインナップを多く置いているお店も少なかったです。

KLEINTOOLSはオリジナル性の高い工具が多く、日本や韓国などのアジア圏では、一部のスタンダードな商品しか売れていませんが、アメリカ本土ではオリジナル性の溢れる新製品が売り上げの半分を占めているそうです。

まとめ

今回の韓国出張で改めて感じたのは、KLEINTOOLSのまだアジア市場では知られていない製品をPRしていくことで、日本でも韓国でも、まだまだ可能性は広げられるということでした。

引き続き、KLEINTOOLSを日本でも広めていけるように、がんばっていきます!

夜は焼肉をごちそうになりました!

チョイさん、ありがとうございました!

西日本営業スタッフ 松本

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *